病気になったら

1カ月以上も更新せずに・・・イスタンブルはすっかり夏模様。
筆者、6月に入ってから体調を崩しまして・・・2週間程、薬漬けの毎日でございました。
やっと今週薬が全て終わり、体調回復に励んでいる最中です。

海外で病気になる事ほど、不安な事はないです。
日本にいた頃は、病院なんていつ受診しかな?っていう位、病気とは無縁でした。
ですが、トルコへ来てからというもの、、何気に病院に通っています。

幸い私は毎年海外旅行保険に加入して渡航しているので
病気になって病院にかかりたい場合は、キャッシュレスで受診出来ています。
海外へ短期でも長期でも行かれる場合は、保険には必ず加入していく事をお勧めします!

007.gif最初の受診は、トルコへきて2カ月目。婦人科検診でした。
婦人科へは日本にいた時から定期的に通っていたので、、トルコでもお世話になり。

007.gif2度目の受診は、何とも微妙な場所へ、
できものが出来てしまい・・・吹き出物の、もっと悪い版。
中でうずいて、熱を持って、とどまってしまうパターン。

足の付け根の、内側。。股と足の付け根の坂目というのでしょうか・・・
本当に微妙過ぎる部位で。ドクターへ見せる時もホントに恥ずかしかった・・

こういう出来ものは出来やすい体質の人がいるようで。
実は母親も妹も出来て切開処置したような記憶がありまして。
で、結局薬ではどうにもできないとかで、切開処置する事になり。

部分麻酔で済むかと思いきや、、、何と全身麻酔。。トルコで初ぜんま。
たかだか、数センチの処置で、全身麻酔はないでしょーー!!って
おそらく、私が保険加入しているので、高額な治療費を乗っけてきたのでしょう。
人生で、全身麻酔なんて、過去に盲腸の手術した時以来。。
しかも今回海外で。。。麻酔って、自分の意識とは反して不思議な反応が出るんですよ。
私はオペ後、泣いて出てきたようです。自分で意識してない。
麻酔が切れる時に出る症状?で笑って出てくる人、泣いて出てくる人。がいるとか。

私は後者で、泣いて出てきたようです。
その後半日病院で休んで、家に送って貰いましたが、貧血みたいな状態になり、
顔真っ白、動けませんでした。。。一人だったので本当に心細かったです。
いつも一人なんですけどね(苦笑)

007.gifそして3度目の受診は、
突然、左わき腹から背中にかけて痛みが始まり。
若干微熱を感じ。確かに体もだるい。風邪か何かか、思って。
ちょうど、イスタンブルからアンタルヤへ引っ越しをする時だったので
アンタルヤで病院受診は恐い?一人で受診出来ない~(トルコ語未熟の為)と思って
イスタンで急遽受診する事に。

結局結果は?膀胱炎とか、腎臓に炎症があるとかで。
薬を貰って、その後は回復したのでそのまま。
その時は腎臓に石があるとかないかとかでエコー検査の為に
1時間の間にお水を3リットルとか、それ位飲んで、膀胱をパンパンにさせて
エコー検査だったんですけど、
過酷な検査でした。人生で、あんな短時間の間にお水飲んだ事なかった・・・・
本当苦しかった・・・


007.gif4度目の受診は、アンタルヤで。
幸いアンタルヤで滞在していた場所から近い場所に私営病院があり。
この時は、いきなり何の前触れもなく、血尿が出たんですね・・・・
何をそんなに苦労してた訳でもないし、働いてた訳でもないのに。
血尿ですよ。。。。これまた人生で初の経験。

病院での診察結果は、膀胱炎。
おそらく前回腎臓痛かった時は、膀胱炎だったのかもしれません。
けど、前症状なく、血尿、膀胱炎って。。。本当ビックリしました。
膀胱炎になった原因は症状が出る数日前に温泉に行った事が原因だったようです。
先生いわく菌が入ってしまったんだと。

そういう時にはとにかく菌を出す事が先決で水分をとにかく取る事。
でも、紅茶等はダメで、お水、と言っていました。

思えば私は普段から水分をほとんど取らないんだという事を
今更ながら気づいたのでした。。お茶とかは好きでしたが・・・

007.gif5度目の受診は、トルコで働き始めてから。
元々その直前日本へ一時帰国してたんですが、一時帰国中から
咽頭部分に違和感があり、トルコへ戻ってから、更に痛みが増して。。。
最終的には、夜発熱、痛みで目が覚める、という感じだったので
病院受診。夏風邪の一種だろうと診断。
抗生物質とアスピリン1週間で完治。

働き始めてからは、毎月のように何かしらで病院に行ってました。

007.gif6度目の受診は、胃がキリキリ痛んで。
本当に立っているのも苦痛な位。
コレは完全にストレスからの痛みで。自覚してましたが。
ギャルソンの仕事をするのが本当に苦痛だったのが、十二指腸へきたようで
十二指腸潰瘍の気があるとかで。この時は2週間投薬治療。。。

ようやく治ったかと思いきや、、、
007.gif今度は7度目の受診。
おそらく仕事先で食べた物で当たったようで・・・
下痢と発熱。食欲もなし。ふらふらになりながら緊急診療へ。。。
点滴治療と、薬を貰い。
まる2日間は、消化の良い物だけを食べなさいと言われ・・・・
ヨーグルトに、スープ、果物バナナとか。これもきつかったな・・・・

そして仕事を辞めまして。日本へ再び一時帰国しました。
また腎臓の痛みで帰国早々病院受診。2週間投薬治療。腎盂腎炎との事。
でも、膀胱炎あっての腎盂炎なので、膀胱炎に注意しなさいと医師からの診断。。。

本当驚くほど、膀胱炎、クセになるっていうけれど、クセになってしまったよう。。

少し冷えたり、水分を気をつけずに取らなかったりすると、
確実になるようになってしまったようです(涙)
あとは、確実に気候も関係していると思います。

トルコはやはり日本よりも空気が乾燥してて、気づかないうちに
体もカラカラになっているのだと実感中。

あとは食生活が変わった事も理由の一つだと思います。
(加齢もあるかとは思いますが・汗)

日本ではバランスの取れた食生活を送っていましたが、、
やはりココはトルコ。食べ慣れてきた食材もなくなり、
炭水化物が多くなったりと、日本で慣れ育った体には少し負担になっているんだと
察します。

007.gifそしてトルコへ戻ったあと、今回の8度目
もう病院にかからないようにと注意していたにも関わらず。再び膀胱炎と腎盂炎。

そして、極めつけは、ヘルペスにもなってしまった事。。
体調悪くて、抵抗力も下がってて、抗生物質飲んで。
それで、おそらくヘルペスも併発してしまった模様。

という感じで、このトルコでの2年半もの間、10回程、病院受診しています。
3○年間、日本で慣れた体も、トルコでの気候、食生活で、だいぶ負担になっているのかなと
思うんですが、、個人的には本当に快適に過ごしているんですけど
体はウソをつかないんですね、きっと。

私が受診した病院は、全て私営病院(Özel hastanesi:オゼル ハスターネスィ)で
おそらく検査等を含めなければ毎回、8000円位から初診で、
検査代が高くつくので、、血液検査15000円~エコーも2万円台とか。
抗生物質のお薬は高いし。

トルコ人は、個人で疾病保険に加入していな限りは、
普通は公営病院へ行くようです。何故なら安いからです。(お金持ちは知りませんよ)

日本でいうところの、国民健康保険加入者なら誰でも受診可能。
ですが、予約も半月先とか、安い反面、快適に迅速に治療が受けられないのが難点です。

私は記述の通り、病院受診しているので、同じ保険に2年続けて加入出来ず。
毎年、入れそうな保険に加入して渡航しています。
今回、膀胱炎、腎盂炎、ヘルペスは、実費で支払いましたが
結構な出費でした。合計で5万~位かかったような気がします。
後ほど、保険金請求をする予定ですが・・・

海外に渡航の際は、必ず保険に加入する事をお勧めします。
保険は、あくまで保険ですが、もしもの時の保険です。

ブログランキング参加中です。
訪問記念に是非とも1クリックお願い致します!

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ トルコ語へ
にほんブログ村
[PR]

by turkce | 2012-06-24 18:48 | トルコで日常 | Comments(0)